で愛あるサポートを
B’s Support Solution(車椅子検知)


「B's Support Solution(車椅子検知)」は、
設置したカメラの画像から、車椅子のお客様など、指定のサポート対象を検知し、
施設管理者やフロント・コンシェルジュなど、お客様のサポーターとして待機している
担当者へいち早く通知します。

バリアフリー化がまだできない、バリアフリー化が途中の場所などでも、
最新・最善のサポートサービスをお客様に提供する助けとなるシステムです。
今ある環境にIoTやAIをプラスすることで、愛あるサービス提供を一緒に実現しましょう。

ご利用イメージ

ホテルエントランスでの導入例

エントランス、優先駐車場付近などにカメラを設置します。
検知エリアを車椅子のお客様が通ると、車椅子を検知し通知します。

優先駐車場の利用状況見える化

検知・見える化で広がるサポートの可能性

ホスピタリティ向上、施設の価値・評価向上に役立つ

今ある設備に、比較的少コストで「IoT」や「AI」をプラスすることで、サポートが必要そうな方をいち早く発見する助けとなります。

B's STYLEのIoTは愛oT

あったらいいなをカタチにすることで、おもてなし力向上!

優先駐車場の利用状況見える化

優先駐車場等の
利用状況見える化

音声案内の強化で迷惑駐車の抑制

優先駐車場の
迷惑駐車抑制にも寄与

優先駐車場の利用状況過去分析

蓄積データから
過去の利用状況を分析

例えば、駐車場の利用状況見える化

車椅子を検知するだけでなく、優先駐車場付近に設置したカメラで、駐車場の利用状況見える化をすることも可能です。
HP等で駐車場の利用状況を公開し、利用者が事前に確認できるようになると、施設の利便性が向上につながります。

また、公開する画像は、AIを活用し、人や車に自動モザイク処理されるのでプライバシーも配慮され安心です。

例えば、音声案内

優先駐車場利用者へ案内アナウンスを流したいなど、駐車場を利用されたことをトリガーにしたお客様サポートも考えられます。

例えば、迷惑駐車監視や利用状況の分析

管理者側で長時間迷惑駐車されていないかなどチェックできれば、優先駐車場を必要とする方に有効にご利用いただく ための手助けとなるでしょう。
日々蓄積される駐車場利用状況データを分析すれば、設備改善や未来予測などに役立つでしょう。

アイデア次第で変化するB’s Support Solutionを是非ご検討ください。

お問い合わせ

詳しくは、問い合わせフォームより
お気軽にお問い合わせください
B's Support Solutionについてのお問い合わせ